pen_cover_060711.indd
9784837308843_019784837308843_029784837308843_049784837308843_059784837308843_069784837308843_079784837308843_099784837308843_089784837308843_109784837308843_11
身近な静物から始める

林亮太の超リアル色鉛筆入門

2016/08/09新刊 好評発売中

¥1,700 (税別)

著者・編者林亮太
ISBNコード978-4-8373-0884-3
Janコード9784837308843
CコードC3071
サイズ・付属品B5判
ページ数112ページ
電子書籍なし

著者紹介

早稲田大学 第一文学部 美術史専攻卒。1995年よりグラフィックデザイナー/イラストレーターとして音楽業界・学校教育関係を中心に活動。2009年より色鉛筆による制作活動を始める。「トーキョー・イロエンピツ・スタイル」主宰。

内容

色鉛筆でここまで描ける! 
話題の色鉛筆画家のテクニックを、初心者向けにていねいに解説します。作品集としても楽しめる一冊です。

「えっ、これ、写真じゃないの?」と思わず驚く金属やガラスのリアリズム。ものの質感は色鉛筆の「色数を重ねて塗り込む」という技法で表現できます。本書では、バナナやガラスのコップなどシンプルなモチーフでその技法を説明。文房具としては身近な色鉛筆を使って、本格的な静物画を描いてみませんか?
巻末には、技法説明で取り上げる5種類のモチーフの下絵も掲載。
著者がどのように色鉛筆と出会ったか、モチーフの探し方で気を付けていること、写真を見ながら絵を描くときの注意点など、読者の創作活動に役立つコラムも満載です。

目次

静物画ギャラリー
第1章 果物(バナナ)を描く
第2章 ガラスのコップ
第3章 モチーフの組み合わせ(金属のコップ・木製の箱・野菜・布)
第4章 窓際の鉢植え
第5章 小さな風景(公園のベンチ)
風景画ギャラリー
下絵

商品コード: 978-4-8373-0884-3 商品カテゴリー: ,