9784837301738_cover
9784837301738_010-0119784837301738_012-0139784837301738_016-0179784837301738_020-0219784837301738_022-023
15分で描くライフスケッチ

男の絵日記

¥1,400 (税別)

著者・編者河村光一郎
ISBNコード978-4-8373-0173-8
Janコード9784837301738
CコードC3071
サイズ・付属品B5判
ページ数112ページ
0 0
電子書籍あり 電子書籍はこちら

その時、その時間、何を考えていたか? 自分の足跡を手描きで残すライフスケッチのすすめ。

人生の記録を写真で残す人は多い。しかし、写真では気持ちまでは決して残すことはできない。描くものは何でもいい。上手・下手も関係ない。絵に文章を添えて残しておくと、ページをめくったときにその時の記憶がよみがえるはず。忘れたくない感動をとどめるには絵日記が最適だ。毎日絵日記を描くことは、描くものを探すことでもあり、ものの見方が変わってくる。人生を積極的に、楽しく、豊かに生きるために、大人だからこそ絵日記がいいのだ。

わかりやすい水彩画のテクニックを豊富に収録していますので、絵を描いたことがないという方にもおすすめの本。

■絵日記ブログ「アイビー男のなんでもスケッチ」
http://riosketch.exblog.jp

著者紹介

<著者について>
河村光一郎。グラフィックデザイナー。湘南生まれ。多摩美術大学デザイン科卒業。アド・センター、東京アド・デザイナーを経て、平凡パンチ、プレイボーイ等のデザインを創刊号より手がけた。30年来、趣味で描いていた絵日記スケッチが「VAN」の石津祥介氏に認められ、レナウンの商品イラストなどのスケッチを描き続けている。6年前より穂高にも住まいを構え、東京と穂高でのライフスタイルを楽しんでいる。

0

0

目次

<目次>
■プロローグ
 僕が絵日記を描くわけ
 Country & City
 二つの異なる環境が良い刺激に
■道具と技法
 What to Draw
 何を描く?
 Tool & Bag
 僕のバッグの中には
 Technique
 色作りは、難しく考えない
 失敗しても、その線は残して
■僕の12ヶ月
 365日連続絵日記カレンダー
■テクニック公開──スケッチが仕上がるまで
 格好いいと感じた部分を思いきってアップで(カバン)
 ゴワっとした感じはカゲで(リュック)
 正確に描くのではなく雰囲気を描く(コーヒー)
 描きたい部分を大切に(ベルト)
 同色が多いときは色を作っておく(レタス)
 全体を描く必要はない(シャツ)
 手前にあるモノは最後に塗る(サングラス)
 水滴の表現はホワイトで(グラス)
 光った部分は白を残して塗る(ビン)
 両方描くのは難しい(靴)
 グラデーション塗りを部分的に使う(ツル植物)
 ヘリンボーンの雰囲気は色鉛筆で(ジャケット)

商品コード: 978-4-8373-0173-8 商品カテゴリー: ,