9784837301981_cover
9784837301981_004-0059784837301981_016-0179784837301981_048-0499784837301981_052-0539784837301981_118-1199784837301981_136-1379784837301981_166-167

幻獣キャラクターを創る

空想の生き物に命を吹き込む

2016/03/30新刊 好評発売中

¥2,500 (税別)

著者・編者テリル・ウィットラッチ
翻訳大久保ゆう
ISBNコード978-4-8373-0198-1
Janコード9784837301981
CコードC3071
サイズ・付属品224mm×274mm
ページ数172ページ
原書タイトルPrinciples of Creature Design: Creating Imaginary Animals
電子書籍なし

魅力的なクリーチャーを白い紙の上にデザインするのは、ただそれだけでも、きわめて緻密に計算された活動だ。ある世界をちゃんと生きてゆけて、自分たちだけでなく他の種とも関わりながら、インパクトも与えられる、そんなクリーチャーをデザインするには、しっかりねらいをもってデザインすること――それこそがクリーチャー・デザインの最終目標であり、本書で業界のベテランたるテリル・ウィットラッチから学べることである。 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『ベオウルフ/呪われし勇者』といった娯楽映画のクリーチャーを手がけてきた長年の経験から、テリル・ウィットラッチはクリーチャー・デザインの秘訣を惜しみなく伝授する。ウィットラッチによれば、旅には険しいところがあるにしても、心を開けば想像力に限界はないと言う。本人に言わせれば〈ユニコーンを追いかける〉ようなものなのだとか。さあ彼女を仲間にすれば、道中は見事に描かれた生き生きとしたリアルと見紛うばかりのクリーチャーでいっぱいで、きっと楽しい冒険になること間違いなしだ。

著者紹介

科学の素養もある名人級のイラストレーターで、動物学・解剖学(とりわけ脊椎動物)に造詣が深い。アメリカ各地の動物園・博物館でその仕事が見られるほか、世界自然保護基金(WWF)のイラストやデザインも手がけている。現在も活躍中の一流クリーチャー・デザイナーにして動物解剖学者であるとの評判だ。 25年を越えるキャリアのなかで、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望《特別篇》』『ジュマンジ』『メン・イン・ブラック』『ブラザー・ベア』『ドラゴンハート』『アルビン/歌うシマリス3兄弟』『おさるのジョージ』『ポーラー・エクスプレス』『ベオウルフ/呪われし勇者』といった様々な映画にも参加。さらに7年以上ものあいだ、ルーカスフィルム、インダストリアル・ライト&マジック、JAKフィルムズでも活躍。『幻獣と動物を描く:精確な動物デッサンから生まれる空想上のキャラクター』『幻獣デザインのための動物解剖学:絶滅種・恐竜を含むあらゆる動物の骨格と筋肉』のほか、三冊の著書がある。 前著『幻獣デザインのための動物解剖学:絶滅種・恐竜を含むあらゆる動物の骨格と筋肉』で、テリル・ウィットラッチはアーティストとして、うまくクリーチャー・デザインを行うための基本を読者に手ほどきした。そのスキルを練習しさえすれば、クリーチャー・デザインという果てなき旅を続ける基礎体力を誰でも身につけることができる――そうすれば、異国やわが地球の空や海を飛び出して、他の銀河系や他の次元へもゆけるのだ――自信を胸にうきうきと。 さあテリルとともに、今度は『幻獣キャラクターを創る』という秘境を探検し、こうした世界に棲まう彼女作の複雑ながらも真実味のある生きものとさまざまに出会いながら、不思議なものから恐ろしいものに至るまで、その誕生の秘密を探ってみようではないか。

目次

〈目次〉
序文――イアン・マッケイグ(スター・ウォーズのコンセプトデザイナー)
まえがき
第1章 クリーチャーの冒険――ストーリーこそ大事
第2章 空想に真実味を与えるには
第3章 1日1スケッチでクリーチャーは生き生きと
第4章 『カトゥラーの旅路』――現実を空想に持ち込む
第5章 人型ネコと擬人化――タイプ別の模索
第6章 ひたすら楽しく――けものたちの戦い
第7章 ユニコーンを追いかけて――自分で道を開く
謝辞
アーティストについて

商品コード: 978-4-8373-0198-1 商品カテゴリー: , 商品タグ: , ,