イラストでわかる

麗しのドレス図鑑

2017/01/06新刊 好評発売中

¥1,900 (税別)

著者・編者花園あずき
監修徳井淑子
ISBNコードISBN978-4-8373-0909-3
Janコード9784837309093
CコードC3071
サイズ・付属品B5
ページ数144ページ
電子書籍なし

「ドレスが好き! ドレスが知りたい、描きたい…」すべての人に捧げます。本書は、中世後期から20世紀初頭(1400年~1930年)までのヨーロッパの貴婦人のドレスの歴史とその変遷を、豊富なイラストとやさしい解説で楽しく学べる、今までにない図解資料集です。時代ごとに4章に渡って基本を示し、その変遷・バリエーションを追った本格的な服飾史であるだけでなく、史実ドレスの基礎を踏まえた自由な創作ドレスのアレンジアイデアも多数提案しています。さらに、フリルやレースなどのドレスに不可欠なモチーフの描き方の解説から、知っておくと便利なシルエットの解説とそのイメージ、デザインのヒントになる襟・袖などパーツの形のバリエーション一覧まで著者ならではの創作に役立つ内容も収録しました。歴代の美しいドレスを知ることで、新しいドレスを生み出すひらめきをきっと得られるはずです。心踊るドレスの世界へあなたをご案内します!

著者紹介

花園あずき(Azuki Hanazono)、漫画家。幼い頃からドレスが大好きで、日頃からドレスを愛でていたため、服飾史に興味を持つ。ドレス情報誌『貴婦人のワードローブ』をはじめとする同人誌を制作し、ドレスの歴史や変遷を、ドレスの創作衣装のデザインに活用する方法を模索する。過去の執筆作品に『マンガジュニア名作シリーズ・小公女』(学研マーケティング)、『はやげん! はやよみ源氏物語』(新書館)、『魔法☆中年おじまじょ5(コミカライズ)』(新書館)などがある。
[Blog]「本当は萌える! 源氏物語」
http://moegen.blog.shinobi.jp/
[Twitter]genjihikaru
[pixiv]pixiv.me/azkhnzn

目次

はじめに 2
監修に寄せて 3
ギャラリー 6

1章 ゴシック期(中世後期)〜ルネサンス 17
 
2章 バロック期〜ロココ時代 37

3章 帝政時代〜19世紀前半 63

4章 19世紀後半〜20世紀初頭 79

下着の変遷 112
ヘアスタイルの変遷 114
服飾小物の変遷 118

5章 貴婦人のアトリエ 123

ドレスを描きたいけれど… 124
資料を活用しよう 124
何から描く? 125
シルエットを考えよう 126
襟とネックラインの形 130/袖の形 132
フリルの描き方 134/リボンの描き方 136
レースの描き方 138/バラの描き方 140 

Column1 ファッション史の主役とは 36
Column2 貴婦人はいかにして清潔感を演出するのか 62
Column3 貴婦人のドレスはなぜ色鮮やかなのか 78
Column4 ドレスの模様は時代の趣味や感性を表す 122

参考文献 142
おわりに 143 

より良い商品の紹介 …