そのまま切れる ふるさと切り絵2

日本の風物詩

2018/11/20発売予定

¥1,300 (税別)

著者・編者武藤紀子
ISBNコード978-4-8373-1276-5
Janコード9784837312765
CコードC3071
サイズ・付属品B5変型判(縦257×横190mm)
ページ数64ページ
電子書籍なし

ふるさとの美しい四季を題材にした切り絵用の下絵を、黒い紙と、色つき和紙風印刷の2パターンで収録しました。本をそのままカッターで切るだけで、だれでも簡単に美しい切り絵が作れます。用意するものはこの本と、カッターと下敷き(カッティングマット)だけ。切った絵はそのままでも十分きれいですが、手軽に色をつけてカラーにする方法も紹介。さらに、色見本や重ねるだけで色が入るおまけ付き。
手仕事は脳を活性化させ、集中力がアップします。そして懐かしいふるさとの風景に心が安らぎます。素敵な切り絵を完成させる満足感を得ながら、同時に脳トレにもなる切り絵をお楽しみください

著者紹介

東京都在住。
女子美術大学で日本画を学ぶ。
1994年よりフリーイラストレーターとして活動。
切り絵作品を中心に、墨絵、水彩画、版画、ペン画等を制作。
ポスター、カレンダーから社内報、雑誌イラスト、年賀イラストまでこなす。また、扇子、うちわ、手拭いのイラストカットやデザイン等も手がける。
動物、風景、風物画などが得意分野。

目次

基本:本をそのまま切る
応用:コピーして下絵にする
ミニカラー切り絵
春の切り絵(春夏秋冬)
四季(春夏秋冬)
花鳥
重ね切り絵(大仏・十二単)
着色1:簡単色づけ
重ね着色用・色見本
着色2:折り紙を使って
着色3:半紙+水彩絵の具
色見本

より良い商品の紹介 …