基本から応用まで

油絵 Style & Process

Oil Painting Bible

2022/02/03発売予定

定価 1,980円 (本体 1,800円+税)

本を買う

カゴに入れる ネット書店で買う
著者・編者森田和昌 著
Janコード9784837316862
CコードC3071
サイズ・付属品B5判 257×182mm
ページ数112ページ

油彩画の描き方の違い(スタイル)と、描き進め方(プロセス)にスポットをあてながら、14作品ができあがるまでの過程を解説しました。
はじめて油絵に挑戦する方にもわかりやすいよう、画材についての説明やQ&A、用語解説も収録しています。
どのように描いたら自分のイメージする作品が表現できるのかがわかり、また、さまざまな表現方法を参考にして、自分のスタイルを作り上げることもできます。
油絵具は、何層も塗り重ね、削り、剥ぎ、さらに重ね……深みや質感をとことん追求できる画材です。ぜひ気軽にいろいろなスタイルにチャレンジしてみてください。

※本書は2013年に株式会社マガジンランドから発行された『楽しく描く油絵Style&Process』と同じ内容です(一部変更しました)。

著者紹介

武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。
第3回アートオリンピア2019銅賞受賞、第13回多摩秀作美術展大賞受賞、エプソンフォトグランプリ2008年特選受賞、他受賞多数。
“人”をテーマに様々な素材で作品展開。日本国内外でアーティスト&デザイナーとして活躍中!
また、大学、高校、カルチャーセンターにて後進の指導にも力をそそぐ。

目次

静物基礎《果物とポット》
静物《林檎と瓶》
静物《ヒトデと貝と瓶》
静物《ひまわり》/大谷靖子 作品
風景《印象派スタイル》
風景《建物》
静物《トルコキキョウ》
動物《猫》
人物《娘》
人物《女性像 横顔》
シュールレアリスム《遊泳》
構成《羊と道と》
城戸真亜子 作品
千菅浩信 作例と作品:風景《道》
森田和昌 作例と作品:静物《ポットと食べられないイミテーションの桃》
Q&A 用語解説
画材

こちらもおすすめ…