19世紀の銅版画家

ポーケのファッション画集

フランスと異国の貴族・民衆の服装

¥1,800 (税別)

著者・編者イポリット・ポーケ/ポリドール・ポーケ(原著)
監修徳井淑子
翻訳ルフェブル=パケ・ジュリアン
ISBNコード978-4-8373-0744-0
Janコード9784837307440
CコードC3071
サイズ・付属品A5変型判 210×152mm
ページ数176ページ
電子書籍なし

19世紀中頃のフランス。当時、服装史に最も通じていたのは、過去の絵画作品に学んでいた画家たちでした。

本書は、その時期に版画家として活躍したイポリット・ポーケ、ポリドール・ポーケの兄弟の服飾図版集2冊を再編集したものです。手彩色の服飾銅版画を5〜19世紀のフランス国内、ならびに15〜19世紀のフランス以外のヨーロッパや中東、アジアのものを時代順に収録しています。多くの著名な肖像画や風俗画に取材した彼らの作品は、服装史やイラスト、舞台衣装の資料としてはもちろん、画集としてもお楽しみいただけます。

図版ごとの解説や、ヘッドドレス(頭かざり)や袖、襟などを紹介するコラムも満載。

著者紹介

<原著者紹介>
イポリット・ポーケ/ポリドール・ポーケ
19世紀に活躍したフランスの版画家の兄弟で長男イポリット(Hippolyte 1797~1871年)と次男ポリドール(Polydore 1800年生)のこと。二人ともパリの美術学校で学び、兄イポリットは銅版・石版の画家として、弟ポリドールは兄の協力者として、ともに活躍しました。

目次

<目次>
5~15世紀 /16世紀/17世紀/18世紀/19世紀
コラム:ヘッドドレスについて/袖について/襟について/
ロココの時代のファッション/フランス革命とその後のファッション

商品コード: 978-4-8373-0744-0 商品カテゴリー: , ,

より良い商品の紹介 …